いぬやしきをスマホで読んでみました♡

人気コミックいぬやしきのネタバレ、感想をレビューします。

いぬやしき 1巻後半 ネタバレ 【特殊な能力が宿った、犬屋敷壱郎!!】

いぬやしき 1巻後半 ネタバレ 

 

 

こんばんわ。
 
2児の子育て奮闘中。
 
シングルマザーの美月です。
 
 
今回は人気コミック「いぬやしき
をレビューします。
電子コミックサイトで上位だったので
気になっていたのですが、
内容はよく知りません。
 
 
新鮮でいいかな?と思って。。。 
 
 
 
私が漫画を読むのは、こちらの電子コミックサイト。
 
 
 
 
いぬやしき」で検索してみてください💛
 
 
無料でお試し読みもできますよ♪
 
 
 
 
 
 
ここからは1巻後半のネタバレ
 
 
 
犬屋敷壱郎は機械となった身体の現実を
受け入れられません。
 
失意の底にいる彼は、
あの丘にはな子と一緒に向かいます。
 
あの時、一緒にいた少年も
きっと同じように悩んでいると感じ。。。
 
 
あの少年はいませんでした。
 
 
その公園では浮浪者が一人。
遠くからその浮浪者めがけ、
花火を多量に打つ若者たち。
 
 
 
その花火の嵐の中に入っていく壱郎。
背中からミサイルを発射し、
少年たちを倒します。
そして、浮浪者を攻撃する少年たちの画像が
ネット等に拡散されます。
 
 
 
壱郎は人を救ったことに、涙します。
涙、出なかったのに。。。
 
 
 
そして、もう一人の少年は、
不登校の友人、安藤直行の自宅へ。
もう俺は、獅子神ひろじゃないと告げ
頭を割って機械をだすと。。。
 
 
 
 
 
 
1巻後半の感想&考察
 
 
 
 
 
壱郎は浮浪者を助け、
生きる希望を見出したようでよかったです。
 
 
一方、獅子神ひろは、なにか起こしそうな
予感!!
 
 
 
皆さんも、この不思議な漫画
読んでみません??
 
 
 
私が読んでるのはコチラ
 
 
 
 
いぬやしき」で検索してみてください♪